二次会のゲームや新郎新婦にプレゼントを渡したいという時

最近では二次会でゲームをしたりして盛り上がるシーンをよく見かけるようになってきました。また、二次会などでお祝いのプレゼントを渡そうとしている人もいるかと思います。しかし、二次会と言っても色々とマナーがあるので不安と思っている方も多いでしょうから、今回は二次会のゲームについてやプレゼントについての説明をします。

ビンゴマシンまず、二次会のゲームについてですが、昔はそれほど行っていなかったことですが、今では二次会でビンゴなどのゲームをすることは定番となってきています。
中にはお酒などで酔ってしまい、周りのことが見えていない方もいるかと思います。
そうならないためにも前もって知識を身に着けておきましょう。
主役はもちろん新郎新婦になります。
新郎新婦が考えてくれたゲームなので、ゲームをする場合には積極的に参加をするようにしましょう
一体感を見せることによって、新郎新婦も安心ができます。

また、二次会をしている時にプレゼントを渡す人を見かけたことがあるかもしれませんが、基本的に当日にプレゼントを渡すのはマナー違反になります。プレゼントを渡したいという方はわざわざ当日に持って行かずに、挙式の一週間前くらいに直接渡すようにしましょう。と言うのも、挙式の当日はプレゼントが荷物になってしまい、逆に迷惑をかけてしまうということになる場合があるので、極力当日は避けるようにしましょう。


外部サイト……二次会景品専門ショップ – マイルーム
二次会の定番ゲームのビンゴなどに最適な景品を取扱っています。

遅刻や早退は早めに伝えたり最低限の忌み言葉は覚えておこう

基本的に結婚式の二次会と言うのは会場の出入りは自由となっております。挙式や披露宴のような感じとは少し違って、盛り上がるパーティーのようなものなので、自由度は高くなります。しかし、その中にもマナーはありますので今回は遅刻や早退をした場合のことや、最低限の忌み言葉についての紹介をします。

まずは遅刻や早退についてですが、結婚式の二次会中に会場を出入りするということはよくあるかと思いますが、これはマナー違反にはなりません。基本的には自由となっております。
しかし、自由だからと言って当たり前のように遅刻をしてくるというような場合はマナー違反になります。何も言わずに遅刻をしてくるということは止めましょう。やむを得ず遅刻をしてしまうという場合にはあらかじめ連絡をしておきましょう。
早退をする場合も同じです。新郎新婦の失礼にならないように、伝えてから退席をするようにしましょう。

次に最低限の忌み言葉ですが、忌み言葉というのは縁起が悪い言葉で、お祝いの席では良くないとされていることになります。特にスピーチなどを頼まれたという時には、「別れ、離れる、終わる、切れる」のような言葉は避けるようにしましょう。最低限のことを気をつけておくと、気持ちの良い結婚式の二次会になります。

結婚式の二次会のスタイルは様々

結婚式の二次会といえば、友人や会社の同僚を招待してみんなで盛り上がりながらお酒を飲んだり料理を食べたり、ゲームなどをしながら進行を進めていくという形を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
しかし、結婚式の二次会はそもそも「このようにやりなさい。」というような決まりはありません。友人や同僚だけでなく、親族を招くこともありますし、二次会のゲームの有無や演出なども二次会によって色々あります。二次会を行う際には新郎新婦のオリジナリティーを出した内容にすると、より個性的で楽しいパーティーになるのではないでしょうか。

内容に決まりがなく、様々な演出ができる二次会ですが、会場のタイプに関しても内容や新郎新婦の意向によって様々になります。一般的にはレストランでのビュッフェスタイルが多くなっておりますが、中にはホテルの宴会場などを利用する方もいます。

会場を選ぶ際には着席か立食かによって選ぶポイントは異なりますので、どちらなのかについてをしっかりと決めておきましょう。例えば、多くのゲストを招待したいという場合は、着席スタイルよりも立食スタイルの方が多くのゲストを招くことができます。その反面、ゲストからすると着席をしないと落ち着かないとか疲れるなどのデメリットもあるため、よく考えて選ぶと良いでしょう。
このように二次会のスタイルと言うのは状況によっても変わってくるのです。そこで今回は結婚式の二次会についてのお役立ち情報を紹介します。結婚式の二次会に参加するという方は前もって調べておくと良いでしょう。