結婚式の二次会での司会

結婚式の二次会での司会には、厳粛さが求められる結婚式の司会とは異なる点があります。結婚式の場合は厳粛かつ丁寧に司会を行わなければなりませんが、二次会の場合はその場を和ませたり、盛り上げたり、皆が楽しむことができる演出をしなければならないのです。結婚式は儀式的な意味合いが強く、正式かつ厳粛なものの場合が多いですが、二次会は楽しむためのものが多いからです。そのため、二次会の参加者が楽しむことができるようにしなければならないのです。

まず基本的な司会の流れは一番最初に行うのは挨拶です。その後、新郎新婦が入場して乾杯の音頭、食事、余興やゲームという流れになります。二次回中は、司会者や幹事は周囲にしっかりと目を配り、テーブル毎にきちんと飲み物が出ているかや、参加者が楽しんでいるか配慮する必要があります。

また、進行をするときは参加者の雰囲気に合わせる必要があります。例えば友達ばかりの二次会の場合は砕けた感じの進行をしても良い場合があります。そのため、カジュアルな言葉遣いで進行をすることになります。新郎新婦の同僚や上司なども参加している場合は、カジュアルになりすぎないよう意識して進行をする必要があります。